受講者の声

自分の知識をたくさんの子供たちの豊かな未来へ繋ぎたい。

はるFP事務所 代表
2019年度MDRT成績資格会員(Court of the Table)

河邉 晴彦 様

1.ファイナンシャル学院に参加された目的をお聞かせください

自身のリテラシーレベルを向上させることで、既存のお客様により高いレベルのサービスを提供していきたいとの思いからです。私のお客様には子育て世代が多いので、正しいお金の知識を伝え導く事で、その子供たちまで豊かな未来を築いていって欲しいと考えています。それを実現していくにあたり、本物の金融知識を付ける事は必須だと思い参加しました。

2.ファイナンシャル学院を受講された感想をお願いします。

長年保険のプランナーとして活動してきましたが、まだまだ備えるべき知識は多いなと改めて気付かされました。特に金融商品全般については浅く理解しているだけでしたが、F学を通じてその本質まで学ぶことが出来、今後に活かせると感じています。F学は長い時間軸の中で徹底的なサポートを通じて本物を作っていくという部分を大事にされており、そこが他の単発的な学びとの違いだと思います。

3.受講後どのような変化がありましたか?

お客様に対する提案の説得力が抜群に増したのを感じています。経済環境についても深く語れるようになってきており、私の自信が伝わっているからではないかと思います。また、自身で開催するセミナー等についても内容がより一層深まりました。参加者からの質問に対しても、今まで以上に高いレベルで返すことが出来るようになり、満足度が高まっているのを感じています。

4.今後受講を検討している方へ一言お願いいたします

一生涯に渡って金融に携わる仕事をするのであれば、お客様には正しい金融知識を提供していく責務があると思っています。F学で習得できるスキルは富裕層の顧客はもちろん、今後はどの層が対象であっても必須スキルになると思います。本物の金融パーソンを目指すのであれば、F学で学ぶことをおすすめします。

アーカイブ

Select Month
無料カウンセリング お申込み